医療健康系の記事が検索順位おちた?グーグルのアップデートの影響かもね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

先日、グーグルの検索アルゴリズムのアップデートがありましたね。

「医療」「健康」に関係するクエリ60%に影響すると言われています。

今までに、ウソ情報?って感じのまとめサイトなどで「この病気には〇〇がいい」とか「○○にはコレが効く」なんてのがありましたが、今回は『正しい情報』『信頼のおける情報』なんかを重視したアップデートになっていますね。

個人的には、ちょーうれしいです。

今まで具合悪いからネットで検索しても、ロクな情報がみつからず、結局なにもわからないままに病院を受診することも多かったですから。

それが、ユーザーにとって有益な情報が「検索上位表示」されるのですから嬉しいです!

「健康」「医療」系サイト運営者には悲劇?

一方で、「医療従事者が話す言葉よりも、わかりやすいサイト」を作ってきたサイト運営者にはツライ事にもなっています。

病気系のキーワードで攻めていく場合、どうしても調べている段階で出てくるのは医療従事者・専門家向けの情報を読みますから

それを記事にする段階で、医療従事者向けに近い情報になっているんですよね。

専門用語が多いとか、言ってる意味がわからないとか、ユーザーに不要な情報が多いとか。

となると?

今回のアップデートで「病気名+○○」の2語キーワードをメインに集客していたサイトはガクンっと順位をおとす結果になっていきます。

一般ユーザーよりも、専門的な分野の人向けになってたらそーなりますよね。

「健康」「病気」クエリ60%相当が影響してきますので、専門的なサイトほど影響をうけて検索順位を下落させる傾向になっていますね。

信用性のあるサイトにも影響があるとの話も

このアップデートで「私のサイトは医療従事者に監修を受けたにもかかわらず順位が落ちた

なんて呟きもチラホラ見えてきます。

正しい情報なのに順位が落ちるとか腹立たしいことですが、私が記事を読ませていただいたわけでもありませんし、他のサイトにより正確な情報を提供しているサイトがあったのかもしれません。

詳しいことなんてわからないんですよね。

Googleのアップデートですから、どこまでの正確さを基準にして、誰が監修しているのか、どんな情報ならOKなのかなんて不明な部分もありますが

結局は「ユーザーに求められていないから順位が落ちる」のでは?

ユーザーに求められる情報を提供しよう

結局は、「いかにユーザーが検索したい記事をかけるか」になってきます。

「健康」「病気」系の記事は、鉄板と言えるくらい悩みの深い分野ですから、常に検索され続けていました。

でも、「検索キーワード」⇒「記事が答え」になっていないと継続的なアクセスって得られなかったんですよね。

どこかの、まとめサイトにあるような病気の説明だけを沢山かいた記事なんて読みたくないです。

そんな記事よりも「実際にその病気にかかって、こんな事になりました!」とか「この病気にかかった人100人に聞きました」とかの方が読みたくなりますよね。

あれ?コレって『口コミ』と一緒なんじゃ?

他人の不幸は蜜の味・・・かもね

成功体験談でも、失敗体験談でも、リアリティがあるほど面白く読めるんですよね。

大量の口コミを書いた文章より、1人の実体験の方が面白い!

※筆者の個人的感想です

でも、みんなそうじゃないのかなぁ?

ウソでしょ?って思いながらもよんじゃう文章って、リアルな文章じゃない?

細かい描写もあったり、その当人しかわからない情報もあったりね。

「体験談」は強い

ぶっちゃると「体験談」が強いです。

説明だけ聞いた人と、実際にやってみた人では、やってみた方が得られる情報って多いんですよね。

記事にすると顕著に出てくるんですよ。

アドセンスやってる人なら間違いなく取り入れた方がいいことです。

「体験談」を書いていく。

旅行でも、子育てでも、家庭菜園でも、病気でも、スポーツでも、なんでもそう。

実際にやった人のコトバって強いんですよ。

だからこそ、アドセンスで趣味の特化ブログを作りましょう!とかでも少し稼げちゃうんです。

FAAP使って体験談あつめた人は、すでに・・・

ここまで書けば、気が付く人は「あ!アレだ!」って気が付きます。

1からブログ作ると、稼ぐまですごーく時間がかかっちゃうけど、その時間を短縮してサクサクいく方法。

コレに「体験談」の合わせ技を使っちゃうの。

1人より2人。2人より3人。

ですが

10人いれば?20人集めれば?30人いると・・・フフフ

全ては使い方次第。

家事系、育児系のブログを作りたいなら、主婦を集めればいいし

スポーツ系なら、スポーツやってる人。

病気系なら、その病気になった人を探せばいいの。

そんなライターがいればウハウハだよね。

フルオートメーションアドセンスパッケージ 実際に、教材を購入してみて 実践してみた結果を書いてみるよ。 特典を...

でも、タイトルやキーワードはどうしたら?

コレは、Googleが答えを書いてくれています。

もし、あなたが医療関係者で、一般のユーザーに向けたウェブでの情報発信に携わる機会がありましたら、コンテンツを作る際に、ぜひ、このような一般ユーザーの検索クエリや訪問も考慮に入れてください。ページ内に専門用語が多用されていたら、一般ユーザーが検索でページを見つけることは難しくなるでしょう。内容も分かりづらいかもしれません。ユーザーがあなたのサイトを見つけるために使用している検索キーワードのリストは、Search Console で確認することができます。もし、そのリストが専門用語で占められていたら、一般ユーザーの多くはあなたのサイトの情報にアクセスできていない可能性があります。

引用: ウェブマスター向け公式ブログ  https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/12/for-more-reliable-health-search.html

今回のアップデートに関することについての、Googleのブログ記事です。

この中に「コンテンツを作る際に、ぜひ、このような一般ユーザーの検索クエリや訪問も考慮に入れてください。ページ内に専門用語が多用されていたら、一般ユーザーが検索でページを見つけることは難しくなるでしょう。」と、ありますよね。

コレって、ブログ書いてる人が俗にいう「キーワード選定がめちゃくちゃ」な状態って事です。

せっかく記事の内容は、正確で正しいのに「ユーザーに検索されないキーワードしか使っていない」って事なんですよね。

どんな言葉で検索する?自分なら?友達なら?

そんな事を考えていけば簡単にキーワードって見つかります。

むずかしいと思うならサーチコンソールを見えれば、アナタのブログでどんなキーワードを使って検索されているか一目瞭然です。

ここで見つけるキーワードは、ユーザーが実際に検索する「生キーワード」なんで本当に貴重な情報ですよね。

12月8日にメルマガで暴露した「医療系 キーワード」

メルマガだけで暴露した「生キーワード」があるんですが、それがたまたま医療系のキーワードでした。

もちろん、サーチコンソール使ってデータを取っています。

こんな風な体験記事でもアクセスバンバンきますよー!って色々暴露したんです。

正直、アップデートで多少の影響を受けています。

1日のアクセス数が1.5倍になるくらい影響受けてます(๑•̀ㅂ•́)و✧

うん、マジで何があったの?と、思ってたらGoogleのアップデートだったんですねぇ。

「医療」「健康」に関係するクエリ60%に影響してくれて、他のサイトが圏外に行ったので伸びたのかな。

ホント「体験談」にしといて良かった。と思える瞬間でしたね。

タイトルも見出しも「自分が使う言葉」を選んだだけ

むずかしい事を考えずに、自分のコトバでキーワード作っただけです。

サーチコンソールも、ライバルチェックも、キーワードの需要もチェックしていません。

※大元のキーワードの検索需要だけ確認してます

それでも、バンバンアクセスが来るって事は、他のサイトのキーワード選定が間違いまくってる!って事だよね。

「健康」「病気」系サイトの人は、もちろんのことなんだけど、その他のジャンルを運営している人も「キーワード」の見直しをするとアクセスが改善する可能性は大いにあるよね。

最後に

今回のアップデートは、ユーザーの利便性を上げてくれる!って意味でも大変いいことなのかなぁ。と思ってます。

もちろん、ワタシのブログ順位が落ちて他のサイトが上がる場合でも、そのサイトが有益なら納得します。

その後で、抜き返すためにアノ手コノ手を使って良質な記事&サイトにします。

今回は、私が有益の側。ちょっと嬉しいです。

これで、この手法でしばらく稼ぎ続けられる!って事だしね。

関係する手法はFAAPフルオートメーションアドセンスパッケージ

本当にオススメ中です。

コレを使ってどうやって報酬UPしてるの?って情報はメルマガで。

akiyoの限定メルマガ情報

おまけレポート付きの通常メルマガ

⇒ 通常版メルマガ登録ページ

(夜19時頃に配信)