内部SEO対策でアクセス数アップのために考えること【共通語&網羅性】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SEO対策が重要です!大事なんです!って常に言ってる気がするけど

たまに巡り会うのが

「私にはまだ早いんじゃない?」

「初心者には、いらんでしょ」

「被リンク付ければいいんでしょ!」

こんな感じの『何かを間違えちゃった人達』

いや、うん。別にいいんだよ。

アナタの運営してるは、私のサイトじゃないから検索順位低くてもね。

知ってるかな?

キーワードをチェックするのだってSEO対策

内部リンクを張りめぐらすのもSEO対策

見出しタグを最適化するのもSEO対策

パンくずリストを作ることだってSEO対策

ね?簡単なことでしょ?

何時もやってるブログ運営と一緒じゃないですか?

それでも検索順位が上がらないなら

・キーボード設定ミス

・記事内の共通語不足

・キーボード&共通語の不足から記事の網羅性が不足

こんな所が不足しているはずだよね。

 共通語を探すことをしてみよう

ライバルチェックを行うと、必ず見えてくるのが「共通語」だよね。

同じジャンルの記事をいくつも読んでいくと、特定のキーワードが出てくる事に気がつくはずです。

検索されるように設定しているキーワードじゃなくて、記事をしあげる上で「読者に伝えるため」に入れるキーワードなんだよね。

要するに、読者へ答えを教えるために必要な「ことば」になる。

これを文章に入れるか、入れないかは自由だけど、入れた方が間違いなく検索の順位はあがるよね。

クオリティの高い記事は、情報がまとまっていて解説されている記事。

そして、中途半端ではなく、必要な情報を網羅していることが大事なんです。

実際に「共通語」を探してみるには

誰でも簡単に「共通語」をピックアップ出来ます。

ライバルチェックの一環として、記事を読んでいきますよね。

50記事や100記事も読めば「共通語」の頻度や重要な「ことば」も見えてきます。

ライバルチェックでは、上位15~20サイトをチェックすることをオススメしています。

少ない量では、情報の漏れがあるかもしれないし。

これから「検索1ページ目」を狙っている「検索2ページ目」の記事もチェックすることで、情報の幅広く拾っていけるようになるんです。

具体的に探す方法

探す方法は簡単ですよ。

記事をチェックするだけです。

例えば、悩みジャンルの記事で「ニキビ」の記事があったとします。

ニキビが悩みの種になっている人は

「なんでニキビができるのか」「ニキビの出来ない方法」「ニキビの治し方」

最初に気になるのは、悩みの原因や解決方法ですよね。

この記事をライバルサイト分チェックするんです。

1記事ずつ全部読んで概要をまとめます。

h2タグ~h4タグ辺りまでをサクッと拾ってもいいですが、それだと文章中にある「共通語」を見逃してしまうので、出来るだけ読みましょう。

全て読み終えて、エクセルなどの表計算ソフトでリスト化すれば「共通語」を含めたライバルチェックの完成です。お疲れ様でした。

ライバルチェックにかなりの時間をかけています

先に数記事ほど入れておくケースもありますが、大概の場合は「ライバルチェック」をしてキーワードと共通語を探し出してから「本格的な記事」を書いています。

これを「やった時」と「やらない時」のPV数が段違いですし

報酬額もかなり変わってきます。

通常の記事更新を止めずに(1日1記事)更にライバルチェックの時間を割いていけるのが最高ですね。

このために、ライバルチェックから得た情報で、記事をいくつも書きます。

先ほどの例での「ニキビ」の記事だったとしても

「ニキビの原因 雑菌の場合」「ニキビの原因 食生活の場合」「禁煙したらニキビが減った!タバコ吸ってる人必見!」とかね。

「原因」という記事を書くとしても、パッと思いつくだけで3つも出てくる。

色々なパターンの記事を書いて、1記事毎に分かりやすく分けておく。

それを最終的に「ニキビの原因になるヤバイ10の習慣!」とかでまとめ記事にしてあげるといいよね。

ライバルチェック&共通語を探すのはホントに大変

専業でアフィリエイトをやっているとか、主婦で子供もいないから時間があるとか、病気で自宅療養だから暇だ。なんて、1日の時間に余裕がある人じゃないと、ここまでは出来ないよね。

だからこそ、時間をかけたアフィリエイターが月100とか月500とか行くんだよね。

時間が無いなら、時間が無いなりの作業にしていくことが大事だよ。

ライバルチェックの時間を削っていくなら、ツールを使って「キーワード」と「共通語」をピックアップしていくだけで相当な時間短縮になる。

それこそ1週間かかっていた作業が1時間で終わるくらいにね。

Entich(エンティック)ならリサーチ結果の解析も可能

Entich(エンティック)を使いこなせないんじゃないか?

なんて、思う人もいるようだけれど、すでにブログを開始してキーワードで悩んだり、記事の書き方で悩んでいるなら間違いなく使える。

ツールで一瞬で調べた「キーワード」や「共通語」から、記事の内容を予想することは可能だし、キーワードの羅列を見ればなんとなく答えが見えてくるよね。

もしも、答えまでつながってないサイトがあるなら、それはハズレサイト。

h2タグなどの見出しの時点で「答え」を入れていくからこそ、読者は次々読むし引き込まれていくんだよね。

謎がナゾを呼ぶ話なんてミステリーだけで十分。

ブログには必要ないよね。

Entich(エンテック)内部SEOツールで検索順位爆上げ!【限定4日間】
知ってる人だけ知っている「SEOの重要性」ですが、ツール買取や専用サイトの月額制だったりで、簡単に使えて手軽な便利SEOツールってな...

Entich(エンティック)は限定特典がある

8月31日まで(23:59まで)にはなるが、Entich(エンティック)を60回使えるチケットの価格が割引になっている。

リリース記念割引のようなイメージで大丈夫。

60回分を4,980円という超激安で購入できるのは、8月31日の23:59までとなる。

>>Entich(エンティック)の購入は公式サイトから<<

ツールで時短するのが楽

ツールを使いだす前は「ウソでしょ?」なんて思っていたが、実際にツールを使いだすと

本当に楽して内部SEO対策が出来るようになる。

自分ひとりの力で1週間や2週間かけていた作業が、ツール1つで1時間ですべて完結して記事を書きだすところまでいけちゃう。

時間の無い人にもオススメしたいけど

一番重要なのは「稼いでいる人も使っている」ってこと。

稼いでいる人がツールで時短してるのに、「副業」や「これから始める初心者」が人力でやったっていつまでも稼げない。

稼ぐためには「情報」が必要だし、「稼いでいるサイト」をチェックすることが大切だよ。

是非ともツールを有効活用して稼いでほしいね。

>>Entich(エンティック)の購入は公式サイトから<<


akiyoの限定メルマガ情報

超短期講習(報酬アップの裏ワザを5日間で講義中)

⇒ 登録用ページはコチラから

( 夕方18時頃に配信だよ)

おまけレポート付きの通常メルマガ

⇒ 通常版メルマガ登録ページ

(夜19時頃に配信)

そうそう、wpでSSL化が超簡単なサーバーがコレね。
 ↓↓↓

コメント

  1. 冴木隆 より:

    エンテックって言うんだぁ。
    そう言うツールがあるんですね^^
    これはチェックが必要です。
    ちょっと欲しいかも。

    • akiyo より:

      冴木隆さん

      今回のツールは、価値がわかる人には即買いツールですよね。
      めちゃくちゃ便利に使えますから作業効率がかなり改善します!

      作業効率上げるためのツールが無いと
      アフィリエイトで稼ぐスピード遅くなっちゃいますからねぇ。