外注化の始め方~アフィリエイトを外注記事で稼いでみよう~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ブログで稼ごう!アフィリエイトで稼ごう!そう思ってブログを始める人が多いです。

基本は「稼ぎたい」ですからね。月1万円、2万円でも少しだけでも家計のたしになれば・・・という人や月100万円まで頑張りたい!って人までいます。

でも、普段は仕事で記事かく時間がなかったり、家事の合間に1日1~2時間だけ作業する人だっています。

「アフィリエイト」で稼いでいるブログを検索しようとすると、自由に旅行生活を送っていたり、田舎に移住してスローライフを満喫している様子を見る機会が多いですよね。

でも、実際にブログを始めてみると、1記事書くのに2~3時間かかってみたり、毎日1記事更新が厳しくなって1ヶ月放置しちゃうことも珍しくありません。

なんかオカシイですよね。

実際に「稼いでそうな人」は時間に余裕があるっぽいのに、自分でブログをやってみると「全然時間が足りない」ことになります。

コレだけ書くと、稼いでいる人はウソ記事ばかり更新してるの?と思われそうですが、そーじゃないんです。

ブログに力が付けば、更新頻度が遅くても検索上位にいやすくなります。

効率よく作業すれば1記事30分で書き上げることも可能になってきます。

仕組みさえ作れば自動で記事を読んでくれる人を誘導することも可能になってきます。

でもでも、本当にソレだけでしょうか?

根本的に時間が不足しているのは「自分がやらなくていい作業をしている」からじゃないですか?

アフィリエイトで外注化をリスクを少なくして行うなら アドセンスでの外注化が手っ取り早いですよね。 ECサイトと違って、物を売るわけで...

外注って楽ですよー。

稼げますよー。

時間に余裕が持てますよー。

1日作業しなくても、外注さんが作業してくれればブログから報酬が上がって稼げるんですよね。

やらない人は、稼げる外注化の方法を知らないだけ。

やってる人は、「楽して稼ぎたい」人が多いから情報があまり出てこない。

メルマガやってる人は、「1日の作業量を減らして月30万稼げる」事に興味ありますかー?ってメール流せば反応がバンバン来るはずですよー。

言わないだけで気になっている人は多いし、「知りたい!」と思っても詳しい情報まで出してくれるサイトもありませんから情報に飢えてる人も多いです。

ブログを外注化していく?

ブログの外注化って本当に楽です。 自分で記事を書いていなくても、ブログの更新が止まる事はないし、風邪をひいて寝込んでもクオリテ...

外注化って思ってるよりも簡単ですよ。

まず、「何を作るか」を決めてから「どんな作業をするか」を考えて「誰に作業してもらうか」が決まればOKです。

要するに、自分の代わりに作業してくれる人を探す事と、自分がしなくても良い作業をピックアップすることができれば外注化はもう目の前です。

そんな作業をマニュアル化して初心者でも簡単に行動開始できるのが

>>>フルオートメーションアドセンスパッケージ<<<

ブログ外注化の方法を初心者でも簡単に出来るように解説&作業方法がマニュアルで作らています。

外注で稼げないのは方向性が間違ってるせい

今まで外注化して稼げなかった人は、自己流で作業を進めた人に多いです。

情報教材で勉強して全く稼げなかった人はいないでしょう。

自己流だとどうしても試行錯誤しながら進めるしかありません。

今している作業が正解なのか、間違いなのか、しばらく時間が経過しないとわかりませんから、どうしても効率が悪くなってしまいます。

そうやって正解と間違いを繰り返しているうちに1ヶ月、2か月、3ヶ月と経過してから「外注化は稼げない」と結論だしちゃって辞めちゃうんですよね。

諦めるのハヤっ!!!

外注化でブログを開始するならワードプレスを使って作るのがオススメですから(良い記事があればどこまでも稼げるしね)最初はどうしてもアクセスが無いんですよ。

100記事達成、3か月経過、検索上位記事作成、基準は色々ありますけど簡単に言えば3ヶ月はアクセス0でも驚かない。って事なんです。

その間に、稼ぎにくいジャンルに手を出していたり、外注の方法を間違えていたり、手法を変えちゃって失敗したり。

一人で自己流だとどうしても間違います。

先生もいないし、教材もないなら、自分で0からのスタートですしね。効率最悪ですよ。

【最高率】稼げる教材で無駄な作業を全部外注化

フルオートメーションアドセンスパッケージ 実際に、教材を購入してみて 実践してみた結果を書いてみるよ。 特典を...

簡単に言っちゃえば「必要な作業だけ」外注化するってことなんです。

なんでもかんでも外注化してしまうと、自分で把握できなくなってブログが変な方向に行く事もあります。

必要な作業だけを外注化してしまえば、大事な作業は自分で管理できます。「誰がやっても同じ作業」は外注化してしまえばOKだよね。クオリティは誰がやっても同じなんだし。

それで『稼げる』教材があるってことは、外注化する部分と、自分でする作業の線引きがしっかりマニュアル化されていて作業の仕分けが簡単に行えるってことなんです。

簡単に言えば、作業の「テンプレ化」が終わっていて、自作業分の割り当てだけこなしちゃえば、残りは外注化してOKってこと。

アフィリエイトを外注化して稼ぐなら

コレと

ブログの外注化って本当に楽です。 自分で記事を書いていなくても、ブログの更新が止まる事はないし、風邪をひいて寝込んでもクオリテ...

あとコレ

アドセンスの広告を張っているけど、クリック数もイマイチだし単価が伸びないと悩み出すと迷路にハマって抜け出せなくなっちゃいます...

最後にコレ

アドセンスの管理画面を開いていると、たま~におかしな表示がある時ないです? 「本日のお見積り ⇒ 2円」 安いなぁ、これ...

ここら辺を確認しておけば、外注化してからクリック数を伸ばして、アドセンスでクリック単価が上がる方に寄せていく事まで大丈夫。

それでもやっぱり「どこで」外注を探したらいいか迷いますよね。

外注探しには有名処で安全にするのが一番

自分で出来ないことを、誰かにやってもらいたい。 無料でしてくれれば最高だけど、タダより高いものはない!って言うからね。 できれば...

クラウドワークスやランサーズといった管理元がしっかり対応してくれている場所で探すのが一番です。

Twitterやココナラなどで個人的に探すこともできますが、ヒドイ人に当たってしまったりするとその後の対応も大変になりますから、出来るだけ「雇い主と作業員」の関係で上下がしっかり確立できる状態が望ましいですね。

雑多ブログでも十分稼げます

ジャンル選定に悩んでいるなら、それこそ教材読んでジャンル選定について勉強した方がいいと思います。

でも、最初にコツだけ知っておきたい人も多いよね。

1つのジャンルで特化ブログにするのが集客の面では強みがあるけれど、その反面として「そのジャンルに人が少ない」場合もあるんだよね。

そーなると、読者の奪い合いになった上に、どれだけ頑張っても人が少ないから伸びが少ないっていうね。やってられない状態になっちゃいます。

というか「初めての素人さん」にいきなりジャンル選定しなさい。って言っても無理でしょ。

私だって最初は何回も間違いましたし(´・ω・)

それもあるから、ある程度の自由度をもってブログジャンルを決定すればいいと思いますよ。

書きやすいジャンル、知ってる事が多いジャンル、これから調べたい趣味ジャンル。やりたい事や出来る事が多いほどいいですね。

一番は「雑多」でなんでもかんでも好きな記事を書くのが一番だと思うけどね。

雑多ブログなら広いジャンルで集客可能

もちろん検索上位に表示できるように工夫も必要だけれど、1つのジャンルでいくよりかは、雑多で広いジャンルの人を拾った方が効率的ですよー。

だってほら、考えてもみてください。

1つの商材だけを扱うなら別ですが、アドセンスや記事の内容に合わせて広告を張るスタイルなら「より多くの人に見てもらう」のが一番です。

見た人が多ければ多いほど興味を引ける可能性は残りますから、PV数が増加するにつれて報酬も増えていくんです。

結論としては「効率的な外注化の方法」で自動化する

一番楽に稼げる方法としては、手法の大半を外注に任せて(仕組み、流れ、ブログ運営)自分は管理だけに回る方法ですよね。

手法は、初心者でも簡単に行えるようにFAAPを使ってするのが近道です。

>>>フルオートメーションアドセンスパッケージ<<<

これなら外注化もマニュアルのテンプレ通りに進めれば、よほどあり得ない事をしない限りは何とかなります。

それでもちょっと息詰まるなら

ブログの外注化って本当に楽です。 自分で記事を書いていなくても、ブログの更新が止まる事はないし、風邪をひいて寝込んでもクオリテ...
アドセンスの広告を張っているけど、クリック数もイマイチだし単価が伸びないと悩み出すと迷路にハマって抜け出せなくなっちゃいます...
アドセンスの管理画面を開いていると、たま~におかしな表示がある時ないです? 「本日のお見積り ⇒ 2円」 安いなぁ、これ...

ここら辺を読んでおけば方向性もブレずに行けますよー。

外注化は「畑」と一緒。そのうち芽が出て収穫できる

ブログの外注化って思ってる以上に「自分が楽」です。

やり方によっては、記事も書きませんし、記事の方向性だけ伝えて出来上がっていく様子を見ていくだけですから。

地面に種まいて、水やって、じーっと見てたら実がなってるイメージです。

しかもオートで勝手に種がまかれ続けて、収穫もまとまったら口座に振り込まれますからね。

自分で記事かいて投稿して・・・って作業を毎日繰り返すよりかなり楽になります。

しかも、毎日投稿されていれば数か月後にはブログにドンドンアクセスが集まってウハウハになってきますよ。

簡単な外注化 その1 種をまく

種=外注記事です。

雇ったライターさんに記事を書いてもらうだけ。

記事の「質」をとるのか「量」を取るのかで迷うと思いますが、そこはバランスが大事ですよ。季節でアクセスがある記事と、年中アクセスがある記事を混ぜるのがいいです。

ブログ全体で、常にアクセスを集められるように記事を分散していくとベスト。

簡単な外注化 その2 水をやる

外注化の「水やり」といえば、雇った外注さんとコミュニケーションをとる事です。

仕事だけ与えて放置していると・・・

納期を守らない
音信不通になる
納品された作品のクオリティが低くなる

マイナス要素しかないんですよ。

適度にコミュニケーションをとる事で予想よりも良い仕事をしてくれるようになります。想定以上のクオリティで納品してくれるって事です。

簡単な外注化 その3 収穫準備

収穫と言えば、畑作業なら野菜をとる事になりますが、アフィリエイトであれば報酬をもらう事ですよね。

大事なのは、記事に合わせた広告を張っておくことです。

アドセンスの人も大事ですよー。アドセンスのクリック報酬だけでいくよりも楽天やAmazonを使って更に報酬UPを目指す方がいいですからね。

初心者でもアドセンスしながら使いやすいASP

A8.net広告数が特に多いので活用機会は特に多いです

リンクA高単価案件も多くありますから稼ぎやすさ◎

afb(アフィb)A8のように広告の種類が多いASPですがサイトジャンルの縛りがある

もしもアフィリエイト楽天Amazonも攻めるならプラス報酬もある「もしも」が一番

記事内容とマッチした広告があれば、アドセンス広告よりも報酬は高くなります。

1クリック30円よりも、1商品が売れて1000円もらった方が報酬がいいしね。

外注を雇う⇒ブログを作る⇒広告を張る ジャンルは、どうする?

文字に書き出すと簡単なように見えちゃいますよね。

実際、簡単ですよー。

やってほしい事をまとめて書き出して外注さんへ伝えておくだけですしね。

ただし、ネックになってくるのは「ブログの方向性」「ネタ選び」です。

どんなブログにすればアクセスが集まるとか。こんな記事で攻めればアクセス集めやすいとかは、一人でブログ作っていても一緒ですよね。

最初から「こんな風にブログを作りたい」って理想像があれば、それを元に収益化できる方向へよせて行けばいいので簡単ですが

「稼げるブログが欲しい」だと、ブログの方向性が0の状態からスタートしますから、少し稼げない期間があるだけでモチベーションダウンにもつながります。結構キツイです。

稼げるジャンルの記事を量産すればいいのか?

稼げないジャンルよりかは、稼げるジャンルの方が良いに決まってます。

日本で100人しかならない病気を記事にするよりも、日本で誰しも経験するニキビの記事の方が稼げます。

100人だけに記事を読んでもらうよりも、日本中で読んでもらった方が、その記事から何かの行動を起こしてくれる人が多いですものね。

だからこそ、稼げるジャンルの記事は「読んでもらえれば」稼げます。

稼げるジャンルはライバルが多い

お金のニオイがあれば人が集まってきちゃいますから、雑多ブログで稼げるジャンルの記事を1つ追加してもダメなんですよ。

ライバルが作ってる「そのジャンルの特化ブログ」には負けちゃいます。

それに勝つなら「特化ブログにする」もしくは「雑多ブログの中に特化させたカテゴリを作る」こんな感じになるでしょう。

両者の違いは?「特化ブログにする」⇒記事量少な目でもジャンル特化なので濃い客層を集めやすい

「雑多ブログの中に特化させたカテゴリを作る」⇒ブログの中に特化ブログがいくつかあるイメージなので記事の量が無いと意味がない。

記事を量産できる(外注化で記事ストックがある)なら、「雑多ブログの中に特化させたカテゴリを作る」でも行けます。というか、外注で稼ぐなら記事を量産して稼ぐのがベストですね。個人ブログが30記事作る間に300記事はいけますからね。

ですから、稼げるジャンルを攻めるなら記事の量が必要になってきます。

「稼げない」ジャンルならライバルも少ない

普通は稼げないジャンルなんて攻めないですよね。

だってお金になりませんもん。

ですが、雑多ブログでアドセンス広告を主体で行くならアリですよ。

稼げないジャンル ⇒ そもそも稼げないから強力なライバル皆無で、記事を書けば検索1位取り放題です。

なおかつ、検索されるボリュームがそれなりにあればアクセス数は確保できるんですね。これなら記事の質が多少おちても問題ありません。

特化ブログがいないジャンルの記事をかいて検索上位を確保できれば報酬は安定します。

 基本に戻って「キーワード選定」「記事に必要なライティング」を形式化

報酬を増やす秘訣はアクセス数を上げる事ですから、そのためにはどーするか?を考えます。

一番簡単なことは、先ほども書いたように「ライバルが弱いキーワードで記事を書く」なのですが、検索される複合キーワードを調べる方法があれば多少強いライバルでもそれなりの記事で上位に食い込むことも可能です。

併せて、ライティング方法になります。
使用するキーワードを記事の中でどう使って、どんな順番で書けば読者に伝わりやすいか?これを確立できていれば、形式に沿って書くだけで立派な記事になります。

ですから、「キーワード選定」「記事に必要なライティング」この2つを誰にでも出来るクオリティでマニュアルになっていればどうなるでしょう?

マニュアル通りにするだけで、複合キーワードを見つけて、記事に必要なライティングも簡単に出来るようになります。

ブログの外注化に必要なことは「素人に一定レベルの仕事をしてもらう」こと

ブログを外注化するからといって、ブログを作ってくれる外注さんが「ブログのプロ」ばかりじゃありません。
クラウドワークスランサーズといったクラウドソージングサービスで仕事を発注して契約する方が安定してブログを運営することができます。

ということは、素人~アマチュアの人に仕事をお願いするケースの方が断然多いという事です。

プロの人にお願いすることも可能ですが、ブログの採算が合わないとプロの人に払う費用ばかりがかさむのでオススメできません。※稼げる自信があるなら別です。

素人~アマチュアの人に仕事を依頼するので「仕事がわからない人にも簡単に出来る」作業方法がベストです。

「素人でも出来るキーワードの探し方」「簡単に穴場キーワードを見つける方法」「ブログ記事が簡単に出来上がるライティング」「穴埋め形式で記事を書く方法」

この4点をマニュアルにしておくだけでかなり仕事効率が変わってきます。

※外注契約のときにマニュアルを渡して仕事をしてもらうだけでクオリティが変わってきます。

オススメできる「外注化マニュアル」と「ライティング教材」

外注化マニュアルはフルオートメーションアドセンスパッケージ外注に必要な作業を分割して効率的にするマニュアルになります。

コレがあるだけで外注化効率がかなり変わってきます。

ライティングについては色々と出ていますが、動画を含めて簡単に素人でも理解しやすい教材は「THE ESSENCE(ザ エッセンス)」が使いやすいです。

記事の書き方も図解で理解しやすくなっていますから初心者にもオススメですね。

外注化の始め方まとめ

ブログを外注化することは、ブログを自動化して報酬を稼いでいくことになります。

一人でブログを作ろうとすれば3ヶ月~半年もかかってしまう作業が、1~2か月で完成しちゃいますからね。

その間に発生する報酬額の差はスゴイ開いちゃいます。

ヤラナイよりはヤッタ方がいい。というよりは、やらない理由はない!です。

外注化まとめ

1、「キーワード選定」と「記事に必要なライティング」をマニュアル化

2、ブログのジャンル選定(ライバルチェック)

3、クラウドワークスランサーズで外注探し

4、ブログ作成&記事投稿

どこまでブログの外注化を進めるか?にもよりますが、作業量はかなり減ります。

その分、ブログの方向性や戦略、どうやってマネタイズしていくか?という事に思考を割く時間ができるんですね。

特に、『1、「キーワード選定」と「記事に必要なライティング」をマニュアル化』が大変な作業になってきます。この部分を簡略化していくなら、先にあげた2つの教材を使って時間効率を上げられます。

ブログの外注化自体は難しい作業ではありません。準備さえ出来ていれば誰でも簡単に出来ちゃいます。

APSの広告とうまく記事を合わせられない人は、アドセンスなどのクリック報酬型でアクセスを稼ぐような記事構成にすればいいです。

一人でやれる作業量はどうしても限られてきちゃいますから、ブログでガンガン稼いでいきたい人は、是非とも外注化にチャレンジしてみてくださいね。

うまく作る事が出来れば資産ブログになってくれます。複数作っちゃえばそれだけで生活できちゃいますよー。