ブログ外注化

【ブログ外注化】外注さんはドコで探してる?クラウドワークスがオススメ

自分で出来ないことを、誰かにやってもらいたい。

無料でしてくれれば最高だけど、タダより高いものはない!って言うからね。

できれば少しでもお金を払って仕事をしてもらうのがベスト。

 

ブログの外注化も一緒だよね。

「信頼のおける人」って探すよりも、「仕事をしてくれる人」で探した方がしっかり作業してくれます。

 

ただの約束から「お仕事」に変えてしまうことで、相手も「お金もらってるから仕事しなきゃ!」ってなるのよね。

 

で!今回は、お仕事をしてくれる外注をドコで探してるの?ってお話。

私は断然クラウドワークス派なんです。

 

だって、管理しやすいしユーザーも多いからね。

急な都合で1人辞めても、変わりはすぐに見つかるの!

 

なんでクラウドワークス?ランサーズは?

ぶっちゃけどっちでもいいと思います。

 

仕事を発注する時に、若干UIがいいのがランサーズですが、個人的には希望にそった人は集めるのに苦労した印象です。

※主にライター募集が中心です。

「変な人多かったなぁ・・・」とネタには出来ますが誹謗中傷記事なんて書けませんし、お蔵入りなんですよね。

 

ですので、クラウドワークスの方が、希望通りのライターを集めやすかったのでコチラおしになっています。

クラウドワークス
 
ランサーズ

ココナラ等も浸透してきているので、気軽にネットでお仕事をすることが当たり前になってきています。

ですが、マナーってもんがあるでしょ!と。

タスク形式の仕事でコミュニケーションがいらないような仕事ならともかく。

プロジェクト形式で、コチラの要望を伝えてじっくり作ってもらう仕事にはコミュニケーションやマナーが大事になります。

タスク形式:少ない仕事を、低単価で大量に複数人へ同時発注
プロジェクト形式:多少手間のかける仕事を決めた人数へ発注(記事作成など)

 

ですので、同じ仕事でも「マナーの悪い人」と「礼儀正しい人」が居たらどちらを採用したいです?

 

もちろん「礼儀正しい人」ですよね!

たまたまだと思いますが、私が募集したときにマナーの悪い人を引きまくったせいでトラウマになってます。

 

クラウドワークスでも、そんな人ばかりに会ってしまえばランサーズへ移動すると思います。

でも、2サイトで仕事発注はめんどくさいので、変な人に当たりたくないなぁ・・・。

 

アフィリで外注化は当たり前なの?

アフィリエイトをしていて

「作業時間が足りない!」

「だから稼げない!時間がかかってる!」

こんなグチってよくありますよね。

 

サラリーマンやOLなど、普段は仕事があって1日2時間も作業出来ない人もアフィリエイトをしたいんです。

でも、時間が無い。

「主婦なら時間あるのに・・・」なんて聞こえてきそうですが、主婦は主婦で忙しいんですよ。

 

そんな中でも、「サラリーマンの副業アフィリで月100万!」とか「主婦のお小遣い稼ぎで月30万」とか「OLが脱サラして沖縄に移住」とか

稼いでる話って、探せばいくらでも出てきます。

 

作業時間が足りないはずなのに、どうして稼げるの?

手法が良かったから?センスがいいから?たまたまアタリを引いたから?

どれも正解でしょうが、ちょっと違います。

 

時間の使い方が上手だったからです。

 

 

自分で書けば2時間かかる記事も、下調べを外注して資料があれば30分で書けます。

口コミを集めるのに、わざわざ自分で購入したり、実際に買った人へ聞いてまわるよりも、お仕事サイトで集めた方が早いです。

体験談記事なら、自分で書くより、実際に使った人に書いてもらったほうがリアリティがあります。

 

自分でやると時間のかかる作業。それを「誰か仕事の早い人」にやってもらう事で自分の作業時間を減らして稼ぐことができるんです。

 

1度稼げてしまえば、運用資金に回せる

外注を使って効率的に稼ぐことができれば、「稼いだお金」を「次の外注費」へ回すことができますよね。

そうすれば、今まで1人しか雇えていなかったのが、2人3人と増えていきます。

仕事効率もアップして、稼ぐ速度が倍速にっ!

あれよあれよと、いう間に報酬も右肩上がりになることだってあります。

 

どのくらいの単価で外注記事を依頼してるの?

1文字あたりいくらの単価の募集しているのか、他人がどのくらいで募集をして外注を雇っているのかきになりますよね。

実際にクラウドワークスで募集をかけるときに「記事単価」を設定します。

1記事いくらで書いてもらうのか?ってことです。(自由に設定できます)

ここで気になってくるのが、下の青枠に書いてあることですよね。

ライター様の応募を集める上で、以下の文字単価を推奨しております。未経験者歓迎 のライティング(例:体験談・口コミ)・・・ 0.5円以上

知識・経験が必要なライティング(例:ダイエット・育児)・・・ 1.4円以上

専門性・資格が必要なライティング(例:看護師・栄養士)・・・ 1.8円以上

0.5円で1000文字の記事を書いてもらうと1記事500円です。

 

未経験者で、クオリティも大して期待できないかもしれない人の1000文字の文章に500円はたかい!

こう思うのは私だけではないはず・・・!

 

実際は1000文字~2000文字であれば、文字単価0.2~0.5円でいけるケースが多いでしょう。

 

専門的な知識が必要になる記事を発注することもありますが、その場合も1円~1.8円がいいとこです。

単価を上げた場合は、その分クオリティを重視していきますから、ライターのハードルも上げています。

ライティングのスキルが高そうな人を選別していくって感じですね。

 

ですので、ブログで使うような体験記事なら200円~500円で1記事を依頼している感じです。

アドセンスなら7~16クリック分、物販なら1000円の商材を2~5記事で売れれば元を取る事は可能です。

 

外注化するには「作戦」が大事

なんでもかんでも外注化すれば稼げるってわけでもありません。

自分の日記ブログを外注するわけにはいきませんし、メルマガなど自分の知識で運用しているブログも外注するにはキツイです。

 

なら、どんなジャンルを選らべばいいのか?

 

誰でも書けることに意味がある

誰でも書ける記事なら、自分が書いても外注ライターが書いても一緒です。

主観的な部分はかわってくるでしょうが、知りたい情報を探しているユーザーにとっては、「探している答えが見つかればOKなんです。

 

だからこそ、お悩み系ジャンルで「商材+○○」で作ってるブログの記事数確保で外注記事をつかったりします。

もちろん、アドセンス記事に使う事もできますから用途は意外と広くあります。

 

初心者でも外注化って大丈夫なのか?

実績がないと、依頼した記事のクオリティを判別できない。だから実績を月1万円でもつむべきだ。

なんて言いますけど、月1万円の実績ができた時って、記事の質ってそこまでわかりますかね?

 

たしかに、私も「実績0円」だった時より「実績1万円」の時の方がいい記事の判別はつきましたけど、そこまで極端に変わるものでもありません。

実績0円⇒1万円で変わること1、キーワードの選び方がマシになる

2、共通語を調べることを覚える

3、タイトルを魅力的につけれるようになる

このくらいじゃないですか?

ぶっちゃけ、多少マシになったレベルです。

 

実績を0円から1万円までにかける時間を考えたときに、「実績を積んだ方がいい派」の人は実績をつむまで外注化についてノータッチなんですよね?実績ができてから外注化を調べ始めるんですよね?

逆に、最初から「外注化の方法と作戦」がある人は、実績0円から1万円までノンストップでいきます。その後の1万円⇒10万円も同じ手法で時間の無駄がなくいけますよね。

 

だからこそ、「外注化」が気になっている人ほど、すぐに始めた方がいいと思っています。

実績は、無いよりあった方がいいのは間違いないです。ですが、それで無駄な時間を作ってしまう可能性があるなら、実績が無いままでもやった方がいいですよ。

もちろん、手法と作戦を間違えれば無駄なお金になってしまうので、初心者にもやさしい外注化の教科書で勉強することをオススメします。

 

akiyoの限定特典つきFAAPフルオートメーションアドセンスパッケージはコチラから

あわせて読みたい
外注化の神髄!フルオートメーションアドセンスパッケージが使いやすい!フルオートメーションアドセンスパッケージ 実際に、教材を購入してみて実践してみた結果を書いてみるよ。 ずいじ特典をバージョンアッ...

akiyoの限定メルマガ情報

おまけレポート付きの通常メルマガ

⇒ 通常版メルマガ登録ページ

(夜19時頃に配信)

akiyoの無料レポート付きの限定メルマガ ご案内

初心者でも「稼ぎやすい方法」って色々ありますけど、アフィリエイトについての知識が全然なくてもいけちゃうアフィリエイトもあるんですよー。

私もやったからこそ、初心者に全力でオススメしたい方法をメルマガで配信中です♪

読者限定プレゼントもありますよー!

無料レポート付きのakiyoのメルマガ
登録は コチラからどうぞ