タイトルで差が出るアクセス数 検索流入を狙う為のSEO対策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

タイトルって適当に選んじゃっていませんか?

ブログのタイトルもそうですし、記事のタイトルです。

キーワードが大事!検索されないといけない!アクセス数確保の為!

色々言われてますけど、自分のブログに合った手法とってますか?

ジャンルを何でやるかによってタイトルは変えた方が適正になります。

もし、アクセスを検索のみに頼り切る形なら

  • キーワード
  • 文字数
  • 組み合わせ

この3つはかなり意識しないと厳しいです。

キーワードを調べて、文字数も32文字程度に調整して、組み合わせも考えたけど

なんか、しっくりこない。

そんな時ないですか?

無理やり詰め込みすぎです。

検索でヒットしたとして、クリックしたくなるタイトルですかね?

魅力的なタイトルにする為に

アクセスアップの方法で良く耳にするのが、

検索順位を上げましょう!というもの。

それ自体は間違いじゃない。

3ページ目よりも2ページ目。

2ページ目よりも1ページ目の方がアクセス数は高い。

欲を言えば検索で出たスクロールする前の画面内で表示されたい。

だがしかし、自分で検索した時に

下記が出てきたとしましょう。

  1. 人目を引くタイトル付けの7つの方法
  2. タイトルの付け方
  3. Webライターなら知っておくべき「読まれる」記事タイトルの付け方7選…
  4. 小説タイトルのつくりかた。【いつも小説のタイトルに悩む方へ】

この中だったら、何を選びますか?

私は間違いなく1番を選びます。

「やっぱり一番上に出たの選ぶんじゃん!」

って!!

違いますからね!

理由があって1番を選んでいるんです。

クリックしたくないタイトル

クリックするのには訳があります。

検索をするのも、タイトルを見るのも、記事が気になるのも

画面の向こう側のユーザーなんです。

SEO対策だ!

文字数は32文字だ!

旬なキーワードはコレだ!

どれだけ詰め込んでも、選ぶのは同業者のブロガーではありません。

クリックするのはユーザーです。

良くわからない記事をクリックしますか?

タイトルがシンプルであれば、分かり易いです。

でも、検索すると複数のブログが出てくるんです。

もちろん、最初にどの記事をみるのか選ぶ事になりますよね。

シンプル過ぎてもダメです。

そっけない感じがしちゃいます。

記事の中も簡単に、まとめられているだけかな?って思われちゃいます。

だから2は選びませんでした。

逆に長すぎると、後半の文字が「…」で省略されちゃうんですよね。

PCで閲覧していれば、文字数も多少は長めに表示されますが

スマホ表示なら確実に

もっと前から「…」です!表示されません!

タイトルがしっかりと検索窓に収まらない記事って

中身もダラダラ書かれていませんか?

読みづらいイメージが非常に多いです。

小学校の作文で

400字の作文用紙で収まりきれずにはみ出して書くヤツの様なイメージです。

正直、良いイメージが無いです。

もし「Webライターが知るべき「読まれる」記事タイトル付け7選」

だったらスッキリ収まってクリックしていた事でしょう。

ちょっとだけ惜しい!というのが3番です。

さて4番ですが

ジャンルが小説ですね。

たしかに小説もタイトルを付けますが、小説のタイトル=ブログタイトルのイメージです。

ブロガーやアフィリエイターには参考には出来そうに無いので却下でした。

クリックしたくなるタイトルとは

タイトルの左側興味を引く文章があるタイトルです。

文字を読むときは左から右に読むのが当たり前ですね。

では、上下はどうでしょうか。

流石に、一番上の次に一番下を読む人はいないと思います。

上から順に流して読む人が多いのではないでしょうか。

Zの法則とFの法則になります。

かなり有名な法則ですので、どこかで聞いたことがある人もおおいでしょう。

本でも、ブログでも、記事でも

何かを読む時は

「 Zの様にジグザグに読む 」

もしくは

「 Fの様に横と縦で読む 」

このどちらかになります。

私の場合は、Fの法則で読む機会が多いです。

最後まで、しっかり読まないといけない気がしちゃうので

じっくり読んでしまうんですよね。

だから、上記の3番に凄く勿体ない気がしたんです。

もし私がZの法則で読むタイプだったら、気にせず3番を選んでいたかもね。

どちらの法則にせよ、左端に戻って、頭から読み返しています。

もし似たようなタイトルがあった時は

より興味がある方を選びませんか?

・Webライターなら知っておくべき!

・凄腕ライターなら知っておくべき!

この2つなら断然後者に釣られます。

そもそもSEO的に検索上位に並ばないんじゃ?ってのは置いといて

クリックしたくなるタイトル

それは、どれだけユーザーの興味を引き出せるか!です。

一瞬でも「おっ!」ってなればこっちのものです。

次の瞬間にはクリックしてくれているはずです。

キーワードを無視するな

いくら魅力的なタイトルにしたいからと言っても

キーワードが肝心です。

そもそもキーワード選定に失敗した時点で

検索上位表示は絶望的なはずです。

もう一度キーワードを調べていくところからのスタートになります。

キーワードは、誰もが調べるビックキーワード

マニアックな人しか調べないスモールキーワードがありますよね。

新規立ち上げのサイトで

ビックキーワードで勝負しようとしても勝てません。

記事の質が良くてパズれば別ですけど。

キーワードの見方を変えてみる

組み合わせをずらしてみる。

そういった一工夫を加えることで検索上位へ進んで行く事が可能になります。

キーワード選定は

グーグルやヤフーで検索した時に

勝手に出てくる第2のワードを参考にしても良いです。

ですが

素直に登録してGoogleのキーワードプランナーを使いましょう。

競合も調べられますし、活用機会は多いはずです。

Google AdWords キーワードプランナー

公式サイトなんで気になる人はどうぞ。

キーワードは何個まで入れる?

キーワードを5個も6個も入れているタイトルを、たまに見ますけど

検索ヒットしてないだろうなぁ とか思います。

詰め込み過ぎても、ユーザーに伝わり辛いし、検索順位もイマイチってケースが多いです。

体感からキーワードは3~4程度もしくは2個に抑えて

興味を引くワードも入れておくのがベストなんじゃないかなと思います。

キーワードの組み合わせはセンス

キーワードをどうやって組み立てていくのか?

少し語呂を変えて違った見方にさせるには?

ある程度までは誰でもできます。

左側に重要なキーワードを入れて、短文を作るだけですから。

しかし、ビックリするほど興味をひかれるタイトルって

やっぱりセンスだと思っています。

色々な教材やレポートで情報発信している人もいますが

大抵はロジックを使った組み合わせパターンの演出です。

パターンに慣れていくとありきたりなタイトルの群れが出来上がっちゃいます。

それじゃツマラナイですよね。

どうせなら、同じキーワードで何人笑わせられるか選手権!みたいなのしたいです(笑)

ごめんなさい。完全に趣味でした。

でも

手持ちの少ない材料で相手に響くワードを作る技術って

こういう楽しんだ気持ちから来ると思いませんか?

楽しく作ったサイトって見てると、なんとなくわかります。

ヤケクソで作られたサイトって、見てて気持ち悪いですよね。

それと一緒です。

楽しんで付けたタイトルには、人惹きつける何かがある!

とかだったら良くないですか?(笑)

まとめ

タイトルは付ければ良いってもんじゃありません。

記事の中身を説明する大事な短文です。

どれだけ魅力的な文に仕上げられるかで

アナタのサイトへのアクセス数が変わります。

しっかりとキーワードを選定し

重要なワードは左側に置いてから作り始める。

これだけでも大分変るはずです。

最後の隠し味は

楽しんで付ける事!

きっと面白い記事が書けるかもしれませんよ?

アナタの明日からの記事が

この記事の画像の様に空へ伸び始めますように。

(2年前くらいの初日の出ですが)

ランキングの順位を確認してみよう
無料レポート掲載中!

メルぞうや、XAMで無料レポート掲載中!

ランキング上位にもランクインさせてもらった

ありがたいレポート(๑•̀ㅂ•́)و✧

【無料で即金を稼ぐ方法】

【メルマガ初心者を稼がせる!】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 美鈴 より:

    akiyoさん、初めまして。
    ランキングからやってきた美鈴です。

    タイトルの付け方・・・重要ですよね~。
    そしてやっぱり人がクリックするものなので、
    「魅力的な人を惹き付けるタイトル」が理想ですよね。
    私も同感です♪

    あと「楽しんで付ける事!」
    なるほど~。これは考えた事がありませんでした。
    私も今度から楽しみながらタイトルを付けようと思います(*´ω`*)
    ステキな情報をありがとうございました。

    応援していきますね♪

    • akiyo より:

      美鈴さん

      訪問&応援ありがとうございます。

      タイトルって凄く悩んでつけちゃいますけど
      「魅力的な」タイトルまでしか行かないんですよね。

      見た瞬間に「クスッ」となって、即クリックしたくなるような
      タイトルを付けることが目標です!

      楽しみながらタイトルを考えていきましょうね!