キーワード選定を行う為に調べる効果的な方法【intitleとallintitle】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

キーワードを調べる際に複数のサイトをチェックしていることでしょう。

めんどくさがって対して調べもしないと検索上位なんて夢のまた夢。

アクセス0記事の出来上がりです。

さて、Googleのキーワードプランナーを使う人も多いでしょう。

有料になって使えない!って騒ぐ人もいますけど、まだまだ無料で使えますからね?

設定に少し手間がかかるようになっただけです。

有料ツールや無料ツールを複合的に合わせて使うと効果が倍増しますね。

有料ツールだと、昔からある「ももんが」が有名ですね。

無料ツールであれば「goodkeywaord」を使う人が多いのではないでしょうか

複合キーワードを一気に調べられるので作業効率倍増待ったなしです。

キーワードを調べる手段は複数ありますが調べた後って何をしてますか?

タイトルを付ける前にすべき事

キーワードを1つ決めたらタイトルを付けたくなりますよね。

記事のネタがあるなら、直ぐにでも記事を書いていきたいはずです。

ですが、それで良いのでしょうか?

検索上位表示にするだけなら↓↓の記事でも触れましたが

タイトルで差が出るアクセス数 検索流入を狙う為のSEO対策
タイトルって適当に選んじゃっていませんか? ブログのタイトルもそうですし、記事のタイトルです。 キーワードが大事!検索さ...

テクニックやセンスの部分で誤魔化せる事も多いです。

しかし、確実に上位を狙うのであれば

複合キーワードでの穴を見つけるのが近道ではないですか?

intitle

allintitle

この二つのキーワードを知っているでしょうか?

知っていれば、かなりの検索オタクだと思います。

複合キーワードを調べる際にライバルチェックを行っていると思います。

検索でヒットするのはintitleの結果が多数を占めていませんか?

intitleとは

まずはintitleについて理解していきましょう。

検索をする際に例えば

「アフィリエイト」「方法」この二つのキーワードで「アフィリエイトの方法」を検索したとします。

すると検索に出てくるのは

  1. 「アフィリエイト」と「方法」のキーワードをタイトルか記事に含むサイト
  2. 「アフィリエイト」をタイトルか記事に含むサイト
  3. 「方法」タイトルか記事に含むサイト

こういったサイトが中心にヒットしていきます。

検索も優秀ですので、全く関係のない「方法」は上位表示されないようになっています。

そうは言っても210万件も検索でヒットすると少しわかりにくいですね。

では、条件を1つ増やします

「アフィリエイト」「副業」「方法」この3つで検索するとどうでしょうか。

検索の結果数が、ガクンと減ったのではないでしょうか。

126万件まで減ります。

キーワードを増やせば検索数は減っていきますが、数が多すぎます。

流石に各サイトの比較なんてやってられません。

ここで登場するのが intitle です!

検索の頭に

intitle:とつけて検索してみましょう。

先ほどの例ですと

「intitle:アフィリエイト 副業 方法」

このようになります。

検索結果はどうですか?

桁が変わっていませんか?

14万件程度まで減ったと思います。

この「intitle:」ですが、通常の検索とは異なり

タイトルに指定の文字を含むサイトを検索します。

要するにライバルチェックが可能になります。

しかし、ここで注意が1つ

  • アフィリエイト 副業 方法
  • 副業 アフィリエイト 方法

順番を少し変えるとどうなると思いますか?

タイトルに含むサイトを検索するだけだから結果は変わらないと思いますか?

それとも、実は順番も重要だと思いますか?

キーワードの並び替えで検索結果が変わる

実はかなり変わってきます。

少し入れ替えるだけで検索結果数は目に見えて変動します。

先ほどの例でご説明すると

1、intitle:アフィリエイト 副業 方法 → 14万件

2、intitle:副業 アフィリエイト 方法 → 22万件

3、intitle:方法 アフィリエイト 副業 → 8万件

大分バラツキがあります。

検索をする際には、左側から重要なキーワードとして打ち込んでいきます。

その結果、左側にあるキーワードから優先してフィルターがかかっていきます。

ですので、「副業」より「アフィリエイト」の方がジャンルが広いので検索結果が増えます。

しかし、3はどうでしょうか。

より検索結果が増えそうなのに減りました。

理由は、各々のキーワードが密接しているかどうかになります。

単語だけがあっても、意味が無い組み合わせは弾かれるって事ですね。

左側のキーワードを基準にして、右のキーワードとの関連性があれば検索結果としてヒットしていきます。

単に「アフィリエイト」「副業」「方法」をバラバラに文章に組み込んでも検索されないって事です。

有益なサイトだけ検索結果に表示され、尚且つタイトルのキーワードも絞れば

intitleを使って複合キーワードで検索するとライバルチェックができますね。

検索時の優位性

通常の検索の場合に

・副業の方法には、アフィリエイトで行う広告収入の方法とFX等の投資で行う方法がある

・副業には複数の手法があります。アフィリエイトやFXと言ったやり方がありますが、メルマガとブログを組み合わせた手法が多く見受けられます。トップアフィリエイターの人の方法はメルマガで集客、ブランディング、販売を行うようです。

この二つのサイトだと「アフィリエイト」「副業」「方法」の3つのキーワードに強いのはどちらになると思います?

組み合わせの順序次第にもなりますが、上の文章の方が3つの単語の説明として関連付けてあるのではないでしょうか。

下については、単語は入っていますが各々がバラバラです。

文字数だけ多くしても検索に弱いって事になっちゃいますね。

コピーライティングも大事ですが、SEO対策の文章作りも大事なんですね。

intitleでのライバルチェック

新たなサイトや記事を作成する時に行うライバルチェックですが

intitleでライバルチェックを行うと凄い数のサイト数になりますね。

1つの商品だけのサイトなら検索結果も少ないでしょう。

ちなみに情報教材の「アンリミテッドアフィリエイト」で検索すると11万件も出てきます。

昔からある教材でレビューも多いのでヒット数が多いですね。

しかし

intitleをつけて検索するとどうでしょうか。

3200件まで減少します!

タイトルに商品名を入れてある記事が 3200/110000 なわけです。

販売につなげているページが3200しかない状態と言えます。

ですが

まだちょっと数が多いですね。

新しく記事を書いても辛いかもしれません。

そこでキーワードを増やします。

「アンリミテッドアフィリエイト」「評価」

これなら商品自体を知っていて、気になる人からの検索です。

うまく繋げれば成約まで行ける可能性の高い見込み客のキーワードですね。

(疑っているから検索しているので余程の文章じゃないとキツイでしょうが)

1、アンリミテッドアフィリエイト 評価 で検索 → 8万5000件

2、intaitle:アンリミテッドアフィリエイト 評価  で検索 → 2300件

お!更に減りましたね。

ついでにもういっこ検索します

3、allintaitle:アンリミテッドアフィリエイト 評価  で検索 → 196件

めっちゃ減りました。

現実的なライバル数ですね。

これで分かったことは以下になります。

  • アンリミテッドアフィリエイトの記事数は約11万件
  • アンリミテッドアフィリエイトをタイトルに含む記事は3200件

レビュー記事の多さが伺えますね。

  • アンリミテッドアフィリエイトの評価をしている記事は8万5000件
  • アンリミテッドアフィリエイトか評価を含む記事は2300件
  • アンリミテッドアフィリエイトと評価をタイトルに含む記事は196件

「アンリミテッドアフィリエイト」「評価」この二つのキーワードでのライバルチェックは

196記事となりました。

allintitleとは

intitleが、「どちらかを含む」だったのに対して

allintitleは、「全部含む」になります。

タイトルにどちらかしか無い場合と、全部含んでいる場合であれば

全部ある方がユーザーが探しているサイトになりますよね。

気になる事を検索窓に打ち込むんです。

タイトルがめちゃくちゃな記事と

調べている人に向けて書いた記事とではクリック数も変わってきます。

調べたキーワードを全て含む記事を探すのが  allintitle  になります。

intitleとallintitleはどちらを優先?

全て含む記事を探してばかりいても、自分サイトを検索上位に表示する事は出来ないかもしれません。

探し出したキーワードがマイナーすぎて検索窓に打ち込まれない可能性がある為です。

ですので、初めにintitleで大まかなライバル数をチェックした後に

allintitleで完全一致のライバルを探します。

どちらかを優先するのではなく両方を効率的に使用していくんです。

例えば

allintitle で検索したら10件程度だったけど

intitle で検索すると5000件を超えている

検索上位の記事がショボければ存分に勝負をかけて下さい。

しかし、上位サイトが競合ぞろいだったった時はキーワードの見直しをしましょう

検索流入目的で記事を作るのに、検索されないキーワードで下位表示のサイトなんて

アクセスがあるわけない

ライバルチェックも重要ですが、キーワード選定をしっかりと行う事が一番重要ですよ。

まとめ

ライバルチェックの方法として、無料ツールを使用する事も出来ますが検索順位だけ調べても意味がない時があります。

実際のサイトを見て行く事で理解できる事もありますしね。

ライバルチェックの方法としては

  1. 普通に検索して上位表示サイトをチェック
  2. intitleを使用してキーワード使用記事をチェック
  3. allintitleを使用して完全一致記事をチェック

キーワードのボリュームが多めでライバルの少ない記事が有ったらブルーオーシャンですね。

中々あるわけではないので、基本はライバルを倒していく事を前提に考えましょう。

どうしても選定したキーワードで勝てない場合は、キーワードをずらす等して対策をするのが検索上位表示の近道になります。

どうしてもアクセス数に伸び悩むようならSNS集客を考えてみるのも一つの手かもしれません。

もちろんツールに投資して、ツールに働かせる事が前提です。

アナタは記事を書くことに全力を出すのが一番大事です。

その為の環境を、お金で解決させ仕組化させてしまえばいいとおもいません?

フォローマティックXYで稼ぐ秘訣!凍結回避でパワーアップ
爆発的人気を誇ったフォロマテックXY あなた専用自動販売機をツイッターに作り上げる! とのうたい文句でインフォトップの ...
【ADSオートツール】Twitter集客を加速させるツール
SNSでの作業を圧倒的に加速させる かもしれないツールの登場です。 現状は検索してもロクな記事が出てきません。 ...

こういったツールを使えばSNS集客も加速しますよ。